大学生の平均貯金額と何のために貯金をしているか?

大学生のみなさん、貯金はしていますか?日々勉強やバイト、遊びに追われていることでしょう。

バイトを頑張っている人も多いと思います。バイトをしている主な目的は毎月の生活費の足しや友達と旅行にいくための資金、欲しいものの資金といったように、人それぞれ違っていると思います。

そして、大学生の間に少しでも貯金をしておくことで、その後の社会人になってからの生活にも余裕が出てきます。
 

大学生の貯金額の平均は?

そこで、みんなが気になっている大学生の貯金額の平均をお教えしましょう。平均額は50万円となっています。つまり、大学生のみなさんは50万円前後を貯金している人もいるということになります。

私はそんなに貯金できていないという人も焦らなくていいでしょう。

まだ学生生活が残っているようなら、残りの学生生活で毎月1万円は貯めていこうといったように具体的な目標を決めるといいです。そして、貯金用の口座を自分で開設しておきましょう。そして、この口座は絶対に使わないと決めておきます。そうすれば、少しずつ貯金は増やしていくことができます。
 

大学生は何のために貯金している?

では、実際に貯金に励んでいる大学生たちは、何のために貯金しているのでしょうか?これは、今後のための貯蓄として置いているだけの人もいれば、旅行に使う、自分の趣味に使う、投資をしようと思っている、自分の家を持ちたいのでそのためになどと、みんな目的が違います。

目的がなくても貯金するというのはありだと思います。貯金がないよりはある方が安心して生活できると思うので、今後社会人になっていく中でどんなことが待ち構えているかもわからないので、念の為に貯めておくのもいいと思います。

大学生というのはアルバイトも勉強と両立しながらがっつりできる時です。よって、この時にいくら貯金できるかが鍵となるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ