1人暮らしの貯金事情

一人暮らしの若者ってかなり多いですよね。学生であったり、社会人という立場の人がそれぞれいると思いますが、自分でお金をやりくりして生活していかないといけません。

そうなると、今後の自分の生活のために少しでも貯金をしておきたいと思うようになると思います。

一人暮らしの貯金はいくらくらい?

では、一人暮らしの人たちは、実際のところいくらぐらい貯金ができているのでしょうか?学生はバイトしかできず難しいと思うので、今回は社会人に限定して貯金事情を見ていきたいと思います。

一人暮らしの場合は、給料の1割から2割程度を貯金に回せたらいいほうだと言われています。なぜなら、家賃や光熱費といった費用が発生してしまうからです。

たとえば、20代の人であれば月収が30万円も40万円もあるといった人は少ないと思うので、そうなると家賃を払って生活をしていると自由に使えるお金もそこまで余分にも残りません。よって、貯金できる金額も1割から2割がいいほうだと言われています。
 

一人暮らしで貯金をしていくには

意外と出費が多い一人暮らしですが、そんな中貯金をしていきたいということであれば、給料が入った時点貯金に回すお金を引いてしまうことです。

一番最初にまず貯金に回すお金の整理をします。その後、絶対にかかってくる家賃や光熱費、携帯料金などと必須のものから順番に当てていくようにしましょう。そうすると、2割ほどの貯金は毎月できるようになってくると思います。

また、無駄遣いにも気をつけましょう。一人暮らしの場合はつい外食が多くなってしまいますが、それも自炊を心がけてみるといいでしょう。自炊って意外と節約になるんです。料理のレパートリーも増えますし、家でゆっくりできる時間も増えるのでメリットが大きいといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ