20代・30代の平均貯金額とは?

貯金をしていこうと思った時に、周りの自分と同じような世代の人はいくらぐらい貯金しているんだろうと貯金額が気になりますよね。それを目標に自分も貯金を始めることができます。そこで、20代、30代と年代別に平均貯金額を調査してみました。
 

まずは20代の平均貯金額

20代のみなさんはいくらくらい貯金しているのでしょうか?社会人になった年齢によっても貯金額は変わってくると思いますが、平均すると100万円から200万円の間くらいとなっています。

 
これだけ幅が広くなっているのは、収入にも差があるからです。まだ、仕事を始めてから10年も経っていない人がほとんどだと思うので、これぐらいの貯金額が平均的となっています。
 
20代の人であれば、人付き合いなどで出費もかさむとは思いますが、毎月1万円や2万円でもいいので、貯金に回すことができると、30代に入る頃には貯金もできているでしょう。
 

30代の平均貯金額

次に、30代の平均貯金額について見ていきたいと思います。30代になると、給料も少し良くなるからか、貯金額は一気に増えます。平均貯金額ではありますが、700万円程度となっています。
 
もちろん、この金額よりも多く貯金している人もいれば、まったく貯金していないという人も含まれています。
 
ただ、20代のうちから貯金を意識して少しでもできるときに始めていると、30代に入った時に貯金額が結構ある方に入れると思います。今は自分の老後のことも考えておかないといけないと言われているので、今後結婚や子供が生まれていく中でもお金は必要になってきますし、貯金できるときにしておくのが一番ですね。
 
20代、30代の平均貯金額、いかがでしたか?これらを参考に、あなたも貯金を頑張ってみましょう。そのためには、貯金する楽しみも発見することが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ