独身・主婦・世代別女性の貯金事情

男女ともに仕事も違えば、給料も違ってきますよね。中でも女性の場合は、どうしても男性のようにしっかり働くことが難しい場合が多くなっているので、貯金できる金額も変わってくるかとは思います。そこで、女性の貯金について見ていこうと思います。
 

独身女性の貯金事情

独身の女性であれば自分で得た給料はそのまま自分で使用することができると思います。よって、貯金についても自分で思うように計画することができます。この独身の間が貯金できる絶好のチャンスとなっているんです。少し自分の欲しいものを我慢してでも貯金をしておくと、後々楽になります。
 
そこで、独身女性であれば月に最低5万円は貯金できるようにしてみましょう。
 
できるなら、10万円といった額が理想的ですが、手取りの収入から考えると難しいことが多いと思います。そこで、月に最低5万円は貯金すると決めて、貯金専用の口座も作っておくといいでしょう。自分に厳しくすることで、確実に貯金は増やしていくことができます。
 

主婦の貯金事情

では、次に主婦の貯金事情について見ていきましょう。独身女性とは違って主婦の場合は、自分の収入というものがパートなどにでない限りありません。専業主婦の人にとっては家にいることになるので、自分の貯金を増やそうというのは難しいですよね。
 
よって、月に1万円か2万円が貯金できたらいい方でしょう。パートをしている人の場合には、月に5万円ほど貯金に回すことが出来るかもしれません。結婚すると、女性は働き方が変わってくるので、そうなると貯金できる金額も変わってきますね。
 ただ、家計をしっかりと管理して節約できるところは節約すると、家族で生活していく中でも順調にやっていけるでしょう。
 
女性は自分の立場によって、貯金できる金額が大きく変わってきます。結論としては独身の間にどれだけ貯められるかがポイントになるということになりますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ