結婚前の貯金額の目安と結婚にかかる必要金額

独身の間は自由に遊んで貯金もできてと楽しめる時だと思います。しかし、いずれみなさん結婚して子供ができてという人生を送り始めますよね。そうなったときに、貯金がまったくないまま結婚するのはちょっと考えてしまいます。 
0円で結婚するよりは、多少貯金がある方がお互い安心ですよね。
結論から言うと、結婚の歳の必要額は、一人200万円~300万円といったところになるでしょう。
 

まずは、結婚にお金がかかる

結婚の際にいくらぐらい貯金があると安心なんて言いますが、まずは最初に結婚式で一気にお金が必要になってきます。平均150万円ほどと言われています。披露宴などをしてると、あっという間にこれだけの金額になってしまいます。
 
そして、結婚だけでなくその後の新婚旅行や指輪などにもお金がかかってきます。数十万円という金額があっという間に出て行くので、結婚するまでに貯金はあった方がいいといえます。
 
男女ともに貯金があったほうが安心ですね。男性の方がしっかり貯金があっても、女性は0円に等しいといった状況ではこの先、不安が残ってしまうでしょう。着実にしっかりと貯金できる人であれば、結婚しても順調に生活していけると思うので、貯金をしっかりできるようにしておくと、結婚のときにもスムーズに進められるでしょう。
 

新生活費にもお金が必要

結婚すると、二人で住むことになりますよね。今までそれぞれ一人暮らしや実家暮らしであったならば、二人で住むための住居や家具などを揃える必要があります。
 
そこで、新生活費にも約100万円ほどかかると言われています。住居費の他に二人で使用するためのソファやテーブル、テレビ、洗濯機などといった家具が必要になってきますよね。これらをすべて考えると、あっという間に100万円といった単位になってしまうんです。
 
このように、結婚するとなると、膨大なお金が必要になってきます。よって、男女ともに独身の間にできる限り貯金をできるようにしておきましょう。
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ