専業主婦が子供名義で貯金した場合の贈与税は?

専業主婦の場合は自分のお金を貯金していくという形が難しいですよね。よくあるのが、夫の給料から余った分を妻名義の口座に貯金していくというパターンです。

また、子供がいた場合、子供名義の口座に預金していくというのもあります。この何気なく行っている貯金方法が、贈与税の対象になるかどうかといった点が今注目されています。
 

贈与税ってなに?

まずは、贈与税の説明から。誰かにお金を贈与した時に発生してくるのが贈与税ということになりますが、線引きがわかりにくくなっています。基本的には年間110万円の基礎控除額を超えると贈与税は発生してきます。

この贈与税のポイントはあげる側ではなく、もらった側に税金がかかってくるということになります。

よって、誰が誰にあげるかといったことをしっかり把握しておかないと、贈与税の対象になってしまった時に焦ってしまいます。通帳の記帳は税務署には簡単にわかってしまうので、ごまかすころはできません。贈与税の対象になるかも?と思うときには慎重に行動するようにしましょう。
 

専業主婦が貯金を子供名義にした場合の贈与税はどうなるの?

また、専業主婦が貯金をしていくときに、子供名義の口座にもと思い貯金していったとします。

これは、子供がもらう側になるので、贈与税の対象となるのは子供になります。お金が貯まっていれば貯まっているほど嬉しいとは思いますが、いざお母さんが子供名義の口座を手渡すときに、贈与税は発生してきます。

子供名義の口座に110万円以上あり、それを一括で渡す場合に贈与税がかかってきます。この点だけ忘れないようにしましょう。よって、110万円を超えない額を小分けにして引き出して渡すか、口座を別にまた作るか、子供渡すときに考えるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ